スポンサーリンク

”直す”より”伸ばす”!ありのままの自分を受け入れると自信がもてる

YouTubeを見ていたら…

メンタリストのDaiGoさんが、

「ありのままの自分を受け入れると、自分に自信が持てる」

と、言っていました。

確かにそうかも~!と思ったので、

今回は、”ありのままの自分を受け入れると自分に自信がもてる”ことについて、

自分なりの解釈をまとめました。

・・・・・・・・・・・・・

自分は、

「こうならなくちゃいけない!」とか、

「○○さんみたいに、こうしないといけない!」

と、自分のダメなところを直そうとするのは、

自分を否定しているのと同じことだ。

ありのままの自分はダメな人間だと思い込む

自分を変えなければならないと考える

コンプレックスを抱える

自分に自信がもてない

確かに、こうなってしまう………。

しかし、例えば、

「自分ってズボラだな~」とか、「根暗だな~」とか、

自分に対してネガティブな感情が思い浮かんだとしても、無理に直そうとせず、

「まぁ、いっか。ありのままの自分で全然OKじゃん!」と思えたら、

自分に自信がもてるのだ。

逆に言うと、

あれもダメ!これもダメ!と、自分の些細な欠点を気にしていると、

どんどん自信がなくなっていく…。

もちろん、人に危害を与えるような悪い癖は直さなければならないが、

最低限そこがクリアできているなら、

完璧じゃなくてOK。

そう、「完璧じゃなくてOK!」

と思えばいい。

これは私自身にも言えることだが、

極度に自分に自信がない人というのは、

”無意識に完璧主義になろうとしている”ことが多い。

そういう人は、常日頃から自分を卑下することに慣れているので、

他人のことがすごく良く見える。

でも……

冷静に周りを見てみると……

心を鬼にして(笑)、

あえて、他人の欠点に目を向けてみると……

意外とみんな欠点だらけではないか…?(笑)

自分より優れているように見える人でも、実際に多くの人に評価されている人であっても、誰にでも欠点はあるし、

普通に悩まず(もしかしたら悩んでいるかもしれないけどあなたほどじゃないんじゃないかな…)生きている。

だから、悩まなくて全然OKっしょ!笑

クヨクヨしやすい、自分に自信のない人は、

ありのまま=ダメだとか、努力しない人間だとか、

そんな風に考えてしまいがちだが……

自分の悪いところばかりに焦点を向けてなおそうとするより、

ありのままの自分を受け入れて、短所を長所と捉えた方が自分に自信がもてる。

”直そう”ではなく、

長所も含めて、自分の短所を”伸ばそう”と考えた方がいい。

そうすれば、自分を否定することなく、前向きな目標が立てられる。

ただ…

どうしても、自分の短所せいで人に迷惑をかけている気がするなら、

例えば転職するなど、自分の性質に合う環境に身を置くことが先決だ。

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー


レシピブログに参加中♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする