スポンサーリンク

嫌な出来事を忘れる方法

最近モラハラ(毒親)関連の記事を書いているせいか、

気分が憂鬱になってきた。笑

人間関係の悩みについて考え過ぎてしまうと、

「あれもこれもあの人のせいだ!!」

「全部あの人のせいで上手くいかないんだ!!」

と、なりがち…。

一人で悩みを抱え込んでいると、

悪い方に悪い方に考えてしまい気が滅入ってしまう。

”誰かのせいかもしれないけど、そうじゃないかもしれない……”

それなのに、ネガティブな憶測が頭の中を駆けめぐり、

自分自身で悪い出来事を盛って解釈してしまうことがある。

そして、もっともっと嫌な思いをする。

自分で自分の首を絞めているのだ………。

そんな悪循環を防ぐために、

私は、”不確かなことは決めつけない” ”憶測をしすぎない”ようにしている。

例えば、「あの人は私に嫌な思いをさせるために、こんなことを言ったに違いない!」とか…。

できる限り、そういったネガティブな思い込みを膨らませすぎないようにしている。

あやふやなことを全てマイナスに捉えていたら、自分自身が苦しくなるだけ。

フツフツ怒りが湧いてくるだけ。

どうしても思い出してしまってムカツク場合は、ネガティブな感情に負けないように、幸せになるための努力をすることに没頭する。

そして、嫌な感情を消す。

それしかない。

ただ………私は過去の嫌な出来事を、完全に忘れてしまいたくはない。

”辛かった”記憶を消してしまうと、

自分も無意識に誰かに同じことをしてしまうのではないかと不安になる。

それに、辛かった出来事をあえて発信し、社会に役立てたい、伝えたいという想いがあるので、嫌だったことも覚えておきたいのだ。

忘れてしまいたくない(なかったことにしたくない)嫌な出来事は、メモやブログに書き残し、必要なときに読み返す。

そうすれば、いつでも過去の正確な情報を確認することができるし、自分の勝手な憶測が混じって話が盛られることもない。

嫌なことを忘れる方法は、

自分自身が幸せになること。

なりたい自分を叶えること。

コツコツ理想を叶える努力をしていたら、強くなれるし、少しずつ傷が癒される。

理想に近づけば近づくほど、トラウマやコンプレックスから解放される。

今の私は、理想の自分には程遠いが……

常に前に向かって進みたい。

過去を思い出して、クヨクヨしている場合ではない。

やりたいことがたくさんある。

必ずどこかに、私を必要としている人がいるはずだ。

理想を叶えることを諦めたら終わり。

絶対に負けたくない。

私にとって「負け」や「逃げ」とは、

サラリーマンが向いていなくて、会社を辞めることではない。

コミュ障で友達が少ないことや、変わり者扱いされることでもない。

親に感謝できないことや、毒親と縁を切ることでもない。

自分の理想を叶えられないこと。

それが私にとって本当の負けだ。逃げだ。

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー


レシピブログに参加中♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする