スポンサーリンク

節約したい人必見!今すぐできる9つの節約法♪

私が節約を始めたのは、2017年の年末ごろからです。

色々な節約術をネットで調べて実践して、たとえわずかでも毎月成果が表れるのがとても嬉しかったことを今でもよく覚えています。

節約生活を始めるまでは、食費も光熱費も何も考えずに使っていましたが、最近は節約をしっかり意識しているので、おそらく類似家庭に比べて生活費をかなり安くおさえられているんじゃないかと思います!

そこで今回は、元浪費家→現在は超節約好き主婦の私が日ごろから実践している9つの節約術を紹介します!!

節約生活スタート→1年後の食費&水道光熱費を比較!

まずは、節約を開始したばかりの2018年1月と、その1年後の2019年1月の食費水道光熱費を比較してみました。

(※30代夫婦と1歳児の3人家族)

★電気代★
2018年1月 8827円 → 2019年1月 4796円

★ガス代★
2018年1月 11029円 → 2019年1月 5537円

★水道代★
2018年1月 2235円 → 2019年1月 1101円

★食費★
2018年1月 24537円(外食代1200円込み) → 2019年1月 15448円(外食代4336円込み)

ガス代や水道代は、節約開始から1年で節約開始直後の約半分になりました♪

食費については、節約開始直後よりも外食代が増えたにもかかわらず、トータルの食費を安く抑えられています。

電気代については、5000円を超えることは滅多になくなりました。(冬の暖房器具はエアコンのみ使用、夏はエアコン+扇風機を使用しています)

実践した節約術によって、ちゃんと成果が出ています!

今すぐできる節約術!食費&水道光熱費節約方法9選!

それでは私がいつも行っている節約術を、電気代、ガス代、水道代、食費それぞれ別に紹介します!

電気代を節約する方法①~②

①照明は「全光」にせず、必要最低限の明るさに設定する

リモコンで最低限の明るさに調節しています♪↓↓

②エアコンは必要なときだけ使用する

今日もどうせ寒いor暑いだろうと、とりあえず的な感覚でエアコンを付けないようにしています。ただし、体調を壊すといけないので、激寒or激暑の時は我慢しないで使用します。

ガス代を節約する方法①~②

①お風呂の設定湯量・設定温度を見直す

お風呂のお湯の量は、最低湯量の10ℓに設定しています。基本的には最低湯量+最低温度で設定しておき、寒いくて我慢できない日だけ温度を上げています。

②シャワーのお湯を出しっぱなしにしない

使わないのにただただ流れていくお湯を見ていると、かき集めて湯船に入れたくなります。時々やってしまいますが、できるだけ出しっぱなしにしないようにしています。

水道代を節約する方法①~②

①トイレの水は「小」で流す

トイレを流すにはたくさんの水を使うそうです(大だと6ℓ、小は5ℓくらい必要だそう)。トイレは一日に何度も使用しますから、毎回「小」で流せばかなり節水できます。

②歯磨き、お皿洗いの時などに水を出しっぱなしにしない

シャワーと同じで、出しっぱなしにしないように気を付けています。鍋や食器などの頑固な汚れには、お風呂の残り湯を使用しています。

食費を節約する方法①~③

①金額を決めて買い物する

まずは、「一週間○○円以内」と目標金額を設定し、金額を意識して買い物をします。

オーバーしてしまったら、野菜の根っこで家庭菜園するなど食材を無駄なく活用できるよう工夫したり、カサ増しレシピを研究したり、次週はもっと気を引き締めて買い物をしたり…。

そんなことを繰り返しているうちに、少しずつやりくりが上手になり、食費が安くなっていきました。

②食材も調味料も使い切ってから購入する(買いだめしない)

食品は「使い切る」こと。買い物は「今必要なものを必要な分だけ購入する」ことを意識しています。

買いだめしたって、もしかしたら今後、似たようなものでもっと安い商品が見つかるかもしれませんし、気が変わって使わなくなることだってあるかもしれません…。

それに、安いからといってまとめ買いばかりしていたら予算オーバーしまくりできりがないので私は基本しません。

③食品モニターや懸賞を利用する

おすすめのモニターサイトは、モニプラファンブログモラタメコエタス(旧「Gettys」)です。(Gettysについてはコエタスになってからはあまり利用していませんが…)

このような懸賞サイトは基本的に、当選した場合、その商品を使用したり食べたりした感想を自分のSNSやブログに投稿することが応募の条件になっています。

SNSやブログは無料でも始められますし、上記のモニターサイトは日用品や化粧品などの案件もありますので、食費以外の出費も抑えることができます。

また、料理好きの方であれば「レシピブログ」もおすすめです。当選賞品を使用したレシピ投稿が必須ですが、質の高い食材や調理器具が無料でgetできるのでお得です!

まとめ

今回は、今すぐに始められる基本の節約術をまとめました。

他にも、ポイ活、在宅ワークなど、様々な節約術やお小遣い稼ぎの方法があります。

もし需要があればですが、その他の節約法についても今後記事にしたいと思います!

私が節約を継続させるために一番大切だと思うことは、ストレスなくお金を溜めることです。

だって、ストレスが溜まると悪循環(イライラ→浪費や爆食の原因になる)ですから…。

色々試してみて、自分に合った節約法を見つけることが黒字家計簿への近道です!


レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする